Reckonerで実現するサイロ化されたCRMデータの統合と活用について

概要

Salesforce、kintone、Zoho、Excelなど近年様々な管理ツールが登場しております。
しかし組織毎に別々のツールを利用して顧客情報が分散されてませんか?また、統合しようにもそのリソース不足や方法が見いだせないケースはありませんか?
顧客情報を統合することで、アップセル/クロスセル、CS(カスタマーサポート)など、様々な事業戦略に活用することができます。今回のセミナーでは、その手法や顧客情報を統合することでのメリットについてご案内させていただきます。

対象

本セミナーについて、下記のような課題を抱えている方にお勧めです。

・部門毎に管理しているデータソースが違うため顧客の情報がバラバラになっている…
・データソースを統合するためのアーキテクチャが不明確…
・CRM/SFAを利用しているがデータ分析がうまくできていない…

セミナー詳細

【日時】   2020年10月21日(水)  15:00~16:00 お申込はこちら
       2020年10月29日(木)  13:00~14:00 お申込はこちら
       2020年11月5日(木)   13:00~14:00 お申込はこちら

【登壇】   株式会社スリーシェイク 
       セールスディベロップメント 渡邉 裕

       前職はSalesforce、Pardot構築支援及びコンサルティング業務に従事。
       複数のデータソースとSalesforceの連携案件も担当。
       現職であるスリーシェイクでは、セールスの立ち上げ、新規開拓をおこなう。

【会場】   zoomにてオンライン開催。
       接続方法は前日までのリマインドメールにてお知らせいたします。

【参加費】  無料(事前申込み制)

【主催】   株式会社スリーシェイク

【注意事項】 今回ご提供いただく個人情報は、プライバシーポリシーに基づき管理いたします。