3省2ガイドライン対応について

医療機関が電子カルテや医用画像などの診療データをパブリッククラウドなど民間事業者が運営する外部設備に保存する際には、「3省2ガイドライン」に準拠する必要があります。

3省2ガイドラインとは?

「3省2ガイドライン」とは、電子カルテや医用画像などのデータを取り扱う医療機関と外部の民間事業者に向けて、厚生労働省・経済産業省・総務省が定めている制度です。「3省3ガイドライン」は、2020年8月「3省2ガイドライン」に統合・改定されました。
厚生労働省のガイドラインは主に医療機関が、経済産業省・総務省のガイドラインは主に電子カルテサービス事業者が準拠すべき内容を記載しています。

Reckoner(レコナー)ガイドライン対応リファレンス

Reckoner(レコナー)はサービス事業者が経済産業省・総務省の2省が出している2つのガイドラインの対応状況を「Reckoner(レコナー)ガイドライン対応リファレンス」として公開しています。

今なら14日間無料!

資料請求、トライアルの申し込み、御社へ伺っての製品デモンストレーションまで、
お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ